◆チョコを愛する人たちへ。

f:id:nanayana:20200209190409j:plain
 今年も名古屋にいってチョコレートを買ってきました! めっちゃ気合いれて、開店1時間30分前に並んだんだけど、クラブハリエのアポロチョコは買えなかった~。厳しい!
 今年もあまずっぱい系のチョコを中心に選んでみたので、ジャンポールエヴァンとピエールエルメの名古屋限定商品にしてみました。
 あと、お友達オススメのチョコ屋さんを紹介していただいたので、それを買ってみました。また違った味わいでおいしかった~。
 毎年買っている、成城石井シャンパンチョコはもう定番。めちゃおいしいので、今年もしっかり確保!そんな感じで、今年もおいしいチョコ揃えました!

◆ゼロスタート。

 いまごろ、リゼロを見終わりました。年末に途中まで見ていたのですが、なんとも展開が歯がゆいというか、主人公に嫌悪感しかいだかないフェーズだったので、見る元気を取り戻すのに少し時間がかかって、最後まで見てよかったなって思ったのですが、途中はかなり苦しかった(苦笑)
 エミリアのことがなんとなくかわいいなと思って見始めたので、レムのフェーズになってから、もう苦しくて苦しくて。あんなにふがいなく、自己中心的な主人公なのに、それを英雄だとか甘やかしているレムちゃんがあんまり好きになれなかった。あとはセーブポイントまで戻って、なんどもやり直すというその仕組みもあんまりわかってなくて、最初は???になっていた部分もあります。主人公以外の脇キャラが個性的なので、その人たちがたくさんでてきてからはみるのがそんなにつらくなくなったかな。はやく続きがみられるといいな。次はなにをみようか。

◆好奇心。

 毎日を楽しくするのは好奇心だと思っている。なにかに興味をもって、どういうことなんだろう?どんなものなんだろう?どんなふうに思っているんだろう?ってたくさん興味がわかない限りは、どんどんいろんなことがつまらなくなっていくに違いない。
 いろんなことに興味をもって、いろんなことをやってみるのがいい。失敗してもいいし、勘違いしてもいいし、あれれ?ってなってもいい。ただ、こわいからやめるとか、ホントは興味あったけど、いいだせなかったからやめるっていうのは違うと思う。
 他人にどう思われるかを考えるのは大切だけど、ありもしない空想をして怖くなるのは違う。結局、どう思われているかなんて、伝えられなければわからないわけで、それを想像し始めたらなんにもできなくなってしまうんじゃないだろうか。あまりに察しを重んじすぎて、がんじがらめになっているのをみるともったいないなとも思えるし、そんなふうに狭い度量の人ばかりでもないだろう。おおらかにかまえてもいいんじゃないか。

◆過程を楽しむ。

 だんだん、おもしろいことやびっくりすることが少なくなってきてしまう年齢。だからこそなんだけど、やったことがないことや頑張ってみようと思うことを、ゆっくり時間をかけて味わいたいと思ってしまう。だって、もう、次にはそれは経験したことになってしまって、色が褪せてしまう。一番最初のどきどきを味わえるなら、それは、その過程を楽しみたいと思うのだ。だから、時間がかかってもそれはそれでいいし、もし、できなくてもそれはそれでいい。あんまり近道したくない。
 すこしずつでいいから、楽しい時間を増やしたいと思っている。

◆手芸したい気分。

 ものすっごく久しぶりに!刺繍したい気持ちになってきました。もう、かなり針を持ってないんだけど、そろそろ針を持って、無心にちくちくしたい。
 まずはデザインから始めてみようかな。やりたかったステッチの組み合わせとかあるし、色だって、いままでのにとらわれずに遊んでみるのもいいかもなぁって。
 情報収集してみよう。どんどんやりたい気持ちになってくるかも!

◆福袋。

 今年はあんまりがっつり福袋を狙いにいくつもりでもなかったので、食品関係の福袋を2つほど買って、あとは加湿器をがっつり探しただけの初売りでした。パンの福袋、たくさんほしかったけど、おいしいパン屋さんの福袋は売り切れるのはやいな~。狙うなら、ちゃんと狙わないとだめだ~。チーズの福袋はほんとに高いやつも入ってたので、これはかなりお買い得でした、もっとたくさんほしいほどだったよ(太るのがこわくて、1つしかかえなかった)。食品の福袋というたのしみを見出してしまい、これからこわくなってきたところです(苦笑)

◆ThanK 2 you。

 2年ぶりのKinKiのコンサートに参加してきました~。オーラスの大阪ドーム公演!デジタルチケットが初めてだったので、ちゃんと入れるのかどきどきしていたけど、すんなり入れた!席、どこかわからなかったんだけど、普通に後ろの方でした(笑)もう、どの席でもよかったし、一律同じお値段なんで、会場にいることができて、それだけでうれしかった!
 新しい曲から、懐かしい曲までたくさんいろんなアレンジをいれて、聞かせていただいたし、魅せていただきました。剛さんは演奏担当で、光一さんが剛さんの上段や下段で、踊っているというパターンも多かったのですが、「薔薇と太陽」でその形をみせていただいていて、あまり違和感もなく、こういうのもいいなって思ってみせていただきました。剛さんのソロパートも多くてかっこよかった!
 なんといっても、「お買い物ブギ」とかもうめちゃくちゃにかっこよかったんですよ!あんなふうにアレンジできるんだなぁってびっくりでした。他には、剛さんが作った「KANSAI BOYA」の曲にも愛情があふれていたし、もう、バラードで二人の声が合わさったときの破壊力はすごすぎた。ハーモニーオブディセンバーとか、わたし好きすぎて、もう涙うるうるで、イントロだけで泣きそうになり、フルコーラスだったのに、ますます泣きそうになり…って感じでした。そして、アンコールの「you」はもう、いい曲すぎて、どうしていいのかわからないくらいだった。KinKiのお二人がおふたりで、これからもこうやってステージに立っていただけるのであれば、これ以上の幸せはないです。いつものようにふたりでおはなししている時間も楽しかったし、もうずっと笑顔と感動ばっかりの素敵な時間でした。
 わたしがKinKiのコンサートに参加して、もう何年になるのかわからないのですが、たくさん想い出も詰まっているし、1曲1曲にも想い出があったりします。そんなことを思い返しながら、素敵な時間を噛みしめました。これからも、そんなお二人の時間に、わたしがいることができたらいいなと、そう、たくさん願いを込めました。本当にありがとう!