読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆最高の表彰台。

モンツァ

 毎年のことだけれど、モンツァの表彰台はとてもすごい。真っ赤に染まったファンのみなさんの意気込みが伝わってくる。それに、今年はニコ・ロズベルグモンツァでの初勝利だったから、本当にその喜びが伝わってきて、ますます笑顔になってしまった。今回のGPの見どころはどこかと聞かれたら、まちがいなく表彰台だったと言えると思う。
 まぁ、というのもレース自体があまり変化がなかったというせいもあるのだが。スタートでハミルトンが出遅れたことが一番の大きな変化で、そのあとは1ストップ作戦をきっちりやってのけたメルセデスは、他のチームとはまったく別次元だったということ。ニコも最初につくったハミルトンへのマージンをきっちり守って、危なげなく勝ったというレースだった。
 ちょっとした見どころとしては、ボッタスに対してリカルドが、そんなところからやっちゃいます?!というようなオーバーテイクをみせたところ。あの戦法はリカルドしか使えないよね。毎回ながらに見事としかいいようもない。
 今回、予選ではニコはハミルトンに一番大きな差をつけられた。それも大きなミスをしたわけではなくて、じわじわとコーナーごとに差が開いての1周での大きな差だったから、本当に始まる前は難しいレースになるのかなと思っていた。それがスタートでのハミルトンのけりだしの悪さ。それで、レースはがらりと変わってしまった。
 表彰台の前の控室でもベッテルが1位の帽子をかぶってしまって、どうするのかな?と思っていたけど、あっさりニコに渡していたりした。これがハミルトンだったら、もうちょっといろいろ書き立てられたかもしれないけど。
 表彰台では、ニコが最後にかなり流暢にイタリア語で観客に話しかけ、なんと歌まで観客のみんなと一緒に歌ってみせたりした。ティホシさんたちたちも楽しそうだったし、本当に盛り上がった表彰台だったよ。今年から始まった、「ドライバー・オブ・ザ・デー」も初めてロズベルグに。最初のうちに選出されているかと思ったけど、ここでようやくいただけました。表彰台でのことも含めてなのかもしれないけど、どうだろ?
 そして、最後の最後でアロンソがファステスト! あの豪快なアロンソの笑い声の意味がそういうことだったのなら、大歓迎です! こういうの好き!