読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆勝手に祝勝会。

 今日は、勝手にニコ・ロズベルグの祝勝会と称して、日本酒で乾杯!
 最終戦までいろいろ大変だったけど、勝ったあとだとなんでもうれしい!


 この動画が一番今年のチャンピオンシップをうまくまとめている気がする。危機的状況だった2人のバトルも収められているし。

 でも、ちゃんとお互いに笑顔でいることもできるんだよ。
 あんなレースの後でもね。ハミルトンが今回アブダビでとった行動は私には理解したくないな。そうしないと勝てないと言われても、そうはしてほしくなかった。意図的に遅く走って、ニコをベッテルやフェルスタッペンに近づける行為は、やってほしくなかったな。そんなF1であってほしくなかった。そういう戦略もあるって選択肢の一つではあったかもしれないけど、ハミルトンの速さを素直にすごいと思っていたし、オーバーテイク技術だって、たしかにベストがドライバーだと思う。だけど、こういうやり口があまり好きではない。
 ニコの真後ろにいたのがベッテルでよかったと思った。フェルスタッペンだったら、なんでも飛び込んできただろうけど、ベッテルはこの二人の間にがむしゃらに飛び込んでくることはないから。でも、最後の数周は生きた心地がしなかったのも事実。こんなふうにハミルトンに作られた緊張感を味わうのは、本当に当分勘弁してほしい。
 なぜかメルセデスさんたちと一緒に喜んでくれているベッテル。二人は結構、控室でも話していたよね。仲がいいのかな。ドイツ人同士だし。
 今回のニコのレースでよかったのは、途中、フェルスタッペンを抜けたこと(ぶつからずに)。かなりヒヤヒヤしたんだけど、あそこで抜いたことでマージンが作れてそのあとの展開がよくなった気がする。フェルスタッペンのタイヤが辛い状況だったのもあるけど、しっかり抜けたのはすごくいいこと。あれがチャンピオンにつながったのだと私は思っている。
 
 ワールドチャンピオンになって一番いい写真たち。メインストレートでのドーナツターン!(ワールドチャンピオンか引退する人にしかやれない特権だと思っている) うれしさがこみあげてくる。でも、あそこに止めたマシンをチームクルーがちゃんと運んでくれたことも知ってる、ありがとう。
 そして、チャンピオンシップを奥様に捧げたロズベルグ。そんなとこも素敵だ。きっと家族にはすごく助けられてきたんだろうな。精神的に辛い1年間だったと思うし、夏休み後にいい成績を残せたことがここにつながっているから、家族といい時間が過ごせたのだと思ってる。
 来年はレギュレーションも変更されて、どのチームがアドバンテージを得るのか、今はわからないけど、こうやってチャンピオンになったからには、もうちょっと余裕を持って戦いに挑めるんじゃないかなぁ。ハミルトンはいつだって速いし、レッドブルフェラーリマクラーレンだってどんどん上がってくるだろう。今年のようにメルセデスだけが勝てるレースではなくなっていると思うけど、だけど、だからこそ、今年タイトルを取れたことは大きいと思うし、来年は全員がチャレンジの年だと思う。もっと、もっと楽しいF1であってほしい。今年の私のベストレースは鈴鹿! 来年も楽しみにしてます!