読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆王国ってなにさ。

アメリカGP

 悔しいけど、ハミルトンの完勝でした。スタートでチャンスがあるかなと思ったのですが、アウトに振ったロズベルグは、インから加速したリカルドに抜かれてしまって3位に後退。そのあとはリカルドを追う展開になりました。第2スティントでミディアムをチョイスしたためもあってか、バーチャルセフティカーに合わせてピットストップできたので、楽々2位に戻れました。それじゃなくても、なんとかして2位になれたと信じてはいるんだけど、オーバーテイクする危険を回避できたのはありがたかったな。
 今回のハミルトンは予選から強かったし、このコースを得意としていることもあるから、仕方ない。2位が一番いい結果ではないけど、納得しよう。
 今回はキミ・ライコネンのしっかりタイヤがしまっていなかったお怒り事件と、フェルスタッペンがなぜかピットに入ってきちゃった事件が大きなことだったかな。フェラーリはこのごろいいところがないなぁ。
 あと、リカルドのレース後のラジオで、ロズベルグのことをいいヤツだからみたいにいってくれてたのはうれしい言葉。さすがシューイ仲間だけあるなぁ(笑)