読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆流れをつかむには強引にでも。

F1

ハンガリーGP

 抜きにくいコースだけあって、接近はするもののオーバーテイクがみられない、ぐるぐる回るレースになってしまいました。こういうときに、スタートは本当に大切になってきます。ニコ・ロズベルグが優勝を逃したのはスタートだったと思うし、そのあとはハミルトンとのペースの差も感じられず、第2スティントではロズベルグの方が速かったかもと思えるくらいでした。いつも1.5秒後方にいて、それ以上縮めることもできなかったし、オーバーテイクは本当に難しかったから、2位という結果はかなり悲しいけど、受け入れないといけないんだろうなと思っています。ここにきて、ハミルトンのペースになってきてしまっているから、次こそ、ロズベルグのペースを取り戻してほしい。ここでずるずる後退すると、また前が向けなくなる。ホームグランプリこそ、笑顔のロズベルグがみれますように。
 予選はかなり議論がわかれる展開になりました。う~ん・・・、あまり全体の映像をみていないから、何とも言えないけど、これは今回だけしか使えない手だったかもなぁって。路面がどんどん乾いている状況だからこそこうなってしまったことに、ペナルティがでなかっただけで、かなりギリギリだったとは思うんですよ。でも、まぁ、そうしてでもポールを取りたかった気持ちもわかるし、貪欲なところは私は称賛に値すると思っているので、これ以上はこのことは言わない。
 2年間の契約更新をしたから、来年もこの2人がチームメイトなんだけど、チームの勢力図も変わるだろうし、それはそれでいいかもしれないな。なんだかんだ、仲がそんなに悪いわけでもなさそうだしね。今週のドイツ、ひさしぶりにすかっとした気持ちにさせてほしい。