読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆またもやチームオーダー議論。

 今季2回目の同志打ちになってしまったメルセデス。またもや、チームオーダー議論まで出てきてしまって、F1がレースでもなんでもなくなる可能性が。
 今回のインシデントに対する処分は、ロズベルグがハミルトンにスペースを残さなかったことにあるとされ、10秒ペナルティがきました。順位は変わらなかったけどね。ロズベルグが、意図的にコーナーを深めにとったことは話しているので、それとハミルトンの思惑が違っていたということなんでしょうね。
 ハミルトンのピットストップについては、ピットストップしないと、ロズベルグに抜かれる可能性があったからというものでした。そうなのかな。計算している戦略家がいての話なので、そうというならそうなんでしょうけど。ロズベルグの第2スティントはそれくらい良かったってことなんだろうな。最後のタイヤ選択が異なってしまったのも、ロズベルグにソフトタイヤが残っていなかったためらしいし、ロズベルグのブレーキが最終周には、ぎりぎりな感じになっていたというのが、一番の原因らしいし。
 説明は聞いたし、たぶん、ロズベルグも悪いんだと思うけど、とにかくすっきりしない。なんだろう、このもやもや。ハミルトンとだといつもロズベルグが悪くなってしまうのも、3年前はこういうインシデントがあって、このあとロズベルグが後退することになってしまったのも、いろんなことがぐるぐるする。こんな状況であっても、ハミルトンに譲るような、引け目のあるニコではいてほしくないと、それだけを願っている。
 次はシルバーストーン。ハミルトンが得意なサーキットだけど、ここできっちり仕事してほしい。もう、それしかない。そうしないと、いつまでも「ロズベルグはワールドチャンピオンっぽくない」なんて言われちゃう。たぶん、一番それが悔しくて、一番もやもやしている原因なんだと思う。