読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆雨のモナコ。

モナコGP

 雨スタート。しかも、SC先導だったためスタートの面白さはありませんでした。ニコ・ロズベルグにとっては辛いモナコになってしまいました。ウェットスタートでしたが、明らかに上位の車、いや、ほとんどの車よりもスピードがありませんでした。ハミルトンとも1週2秒、悪いときは1週5秒ほども差がつくくらいのペースでしか走ることができなくて、ここまで差がつくというのはドライバーのなにかではなく、何かのマシントラブルなんじゃないだろうかと思っています。
 そして、ピットストップに時間がかかってしまい、ベッテルアロンソに前を行かれ、ドライ用に選んだタイヤがウルトラソフト。どうしてこんなかけにでたのかわからないのですが、結構距離としては難しいタイヤを選んでしまいました。しかもハミルトンよりタイヤの履歴が古いものだったため、誰よりも辛い状態になってしまいました。だけど、最後の最後でヒュルケンベルクに抜かれてしまったのは、ニコのミスかもしれないなぁ。なんせ、ハミルトンにほとんど1周遅れというところまで来ていたわけですしね。あの数メートルで2ポイント失う大きさが、これから先のチャンピオンシップで効いてこないといいなぁと思ってしまいます。
 なんにせよ、ニコはたぶんマシンに何か問題を抱えていて、今回は我慢のレースだったと思います。ハミルトンに早々にポジションを譲ったのも仕方ないことかなぁと。それでチームとしてはポイントを稼げたのだから、それでよかった。でも、やっぱり、勝ってほしかったなぁ。ハミルトンが今季初優勝で、すごくうれしそうだったのもうらやましかったし。
 リカルドは2連続でチームに足を引っ張られて、優勝を逃したことになりました。今回はピットに入ったときにタイヤが用意されていなかったという、とんでもない状況でしたから、完全にチームのせいでしょう。
 今回はニコにモナコは微笑まなかった。でも、次は強い彼がみたいです。ハミルトンともどちらにもトラブルがない状態で戦ってほしい。これからが勝負。