読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆メルセデス、コンストラクターズ。

F1

ロシアGP

メルセデスが今年のコンストラクターズを決定しました。でも、なんだかかなり複雑な感じだったよ…。
 ニコ・ロズベルグが予選あんなにいいタイムだったのに、決勝でトラブル発生して早々にリタイア。それでかなり見る気を失ってしまって、録画だったのもあり、結果だけ見て「?」になりつつも一旦、テレビを消した私。でも、やっぱり見ようかなと思い立って、最後までみました。最後の最後だけいきなりのどんでん返しにびっくりしたな。ボッタスとライコネンの追突があって、ペレスが表彰台。ペレスはがんばって走りぬいてよかったですよね。ライコネンのあの事故は、珍しく焦り過ぎだなと思ってしまいました。ベッテルもうまく順位を上げたので、危なげなかったしね。
 それでも。やっぱり見たかったのはロズベルグとハミルトンとのトップ争いだったのです。やっとトップで周回してきた1周目からヒヤヒヤはしていましたが、今回はガチな勝負が見られるものと期待していました。あのドキドキ感があってこそのF1だとも思うのです。でも昨年と違って、今年はハミルトンとのガチな勝負が少ないように思います。トラブルが出たり、スタートで失敗したりして、ロズベルグとハミルトンがトップを争うような場面が少なくなってしまったことを淋しく思います。今回ノーポイントになってしまったことで、ロズベルグはランキング3位に落ちてしまいました。ベッテルに抜かれるのはさすがに痛い。ハミルトンのワールドチャンピオンは揺るがないものになってしまいましたが、最低でも2位はとってほしい。それも、ハミルトンに譲られる形ではなくて、ロズベルグ自身がこれからのレースで、ここにあり!というようなものを見せてくれて、2位になってほしいと思っています。今回は不運でした。
 都合のいいセカンドドライバーだと揶揄されたり、日本の解説者にまでトラウマだとか、スタートプレッシャーだとか言われたりするのには、そろそろ我慢ならないので、いいところ見せてやっちゃってください!