ドラマ・映画

◆棒演技。

おんな城主直虎はひさしぶりに「殿!」な直虎が見られてうれしかった! 頭もでてきて、無茶する直虎さんとの絡みもあったし、頭との約束をまったく、すっかり、みじんも覚えていない直虎さんが、私は好きです(笑) 伊賀越えは、もうコメディというかコント…

◆四大名捕 その3。

ちょっと見ずにいたら4回分(8話分)溜まっていたので、一気見。現在、40/44話。 あんなに用意周到に準備してきたのに、ここにきて安世耿の国家転覆作戦があっさり露見。あまりにもあっさりすぎて、ここまでの伏線はなんだったのかと思うほど。そして、ば…

◆黒幕は誰か。

おんな城主直虎はもう最終回目前! 終わるのが早いよ~。 もうすぐ本能寺の変なのですが、いままでと全然違う本能寺の変になりそう。家康までもが信長に反旗を翻す展開となっております。でも、瀬名のことがあんなに丁寧に描かれていたら、こういう結論にな…

◆今日も泣いた。

おんな城主直虎は最終回間際にして、ようやく、直虎様の出番が戻ってきました。ようやく主人公が誰だかわかるようになってきた(笑) 今回はオープニング前のパートがものすごくよくて、もう、あの段階で泣いちゃったよ。家康が直に家臣に話しかけて、力を貸…

◆悪女について。

おんな城主直虎は、ひさしぶりにおとわ様主人公復活回(笑) 瀬名様の最後の決断に、なにも言えなくなって、そして、それを見送るしかない辛さとやるせなさと、無力感に襲われて。そして、それから次の階段に上がったおとわ様をみました。自分の目指す夢に向…

◆シン・ゴジラ。

シン・ゴジラ発売日: 2017/03/22メディア: Amazonビデオこの商品を含むブログ (17件) を見る 日曜日に地上波で放送していたシン・ゴジラ。録画してあったのを見ました。前半、会議続きだったので、なにがなんだかわからなかったのですが、ついに正体を現して…

◆お家と命と。

おんな城主直虎は、またもや佳境に差し掛かりました。ここ最近、「鬼ばばあ」だとかなんだとか言われまくりの、おとわ様でしたが、ようやくの登場がこの修羅場・・・。 信康様の首を差し出せという織田に屈しなければならない、徳川のお家。なんとか子供を守…

◆四大名捕 その2。

ちょっと録画が溜まっていたので、一気に見てみた。現在32話/44話。 このごろ四大名捕なのに、まったくなにも捜査はしていない(笑) たぶん、最終章には入っているので、安世耿との対決になるんだとは思うけど。30話くらいまでの状況。 冷血 → 離陌(離陌…

◆殿、殿がみたい。

おんな城主直虎は、どちらかというと万千代視点の時間が長くって、もっと直虎さまをみたいよ~という欲求が募っている。史実を追わないといけない部分では、直虎はもう表に出ることはないのかもしれないけど、でも、それでも殿をしている直虎が好きだから、…

◆刑事ゆがみ 第1話。

神木隆之介さんが出演されている、ドラマなので録画しておいてみました。 面白かった! 神木さんの刑事役ってどんな感じなのかなって思っていたけど、背伸びする様子もなくって、ありのままで自然な感じで若い刑事さんだったよ。2人のコンビ関係も面白いし…

◆四大名捕 その1。

四大名捕~都に舞う侠の花~ DVD-BOX1出版社/メーカー: ポニーキャニオン発売日: 2017/02/15メディア: DVDこの商品を含むブログを見る チャンネルNECOで放送中の武侠ドラマ。録画してみてはいたのだけど、なかなか感想を書く気になれなかったので、今にな…

◆万千代に翻弄。

虎松が大きくなって帰ってきた~! おんな城主直虎は、新たな展開。今回に至ってはおとわ様の出番あんまりないほどでした。 でも万千代のこしゃくなところとか、それでもまだまだ子供なところとか、いろいろ見ていて楽しかったです。あぁ、いろんな人の影響…

◆第4の男。

おんな城主直虎は、最終章に突入。直虎の人生に深く関わった4人の男性。 直親、政次、龍雲丸、虎松(直政)。それぞれの男性に対して、直虎が、子供→大人→女性→親というふうに成長していくということなのではないかと思っています。 脚本の方のインタビュー…

◆ゲーム・オブ・スローンズ 第7シーズン。

スターチャンネルで第7シーズンを見終わりました。 かなり状況は終盤に向かって行っている感じ。ネタバレありで書いてしまうと、最後の最後で衝撃的な展開すぎて、どうなっちゃうんだ~!って思いました。まさか、生き返ったドラゴンさん1匹で、あの鉄壁の…

◆コードブルー最終回。

なんとなく上手くまとめられちゃった感のある最終回。 フェローが育って、それぞれの道に進むことを決めたというようなストーリーでした。最初からこういうふうなストーリーだったらよかったな。悩みながらも仲間と共に成長するところがいいドラマだったのだ…

◆2倍速。

このごろ時間がないときは、ドラマは2倍速。 ストーリーは追えているけど、まったく楽しんでいない見方だなぁとはわかっているけど、やめられない。そんなにたくさんのドラマを録画しているわけでもなく、毎週、ちゃんと見ていれば問題ないんだけど、なんだ…

◆突然の乙女展開。

おんな城主直虎では、直虎と龍雲丸とのまさかのカップル誕生に視聴者からの意見はほんとにいろいろ。私はそんなに衝撃ではなかったし、わりとそういうような伏線もしいてあったので、唐突とも思わなかったのですが、そう思わない方も多いような気がします。 …

◆コードブルーの恋愛要素。

コードブルーはシーズン1から見ていたので、今回もみているのだけど、やっぱり今シーズンの恋愛要素はいらない気がする。 特に今回は、緋山が自分が死ぬかもしれないという状況になって、そこで白石との間に仲間としてのつながりを感じるというストーリーだ…

◆油断大敵。

おんな城主直虎は、先週の大打撃からようやく立ち直り、なんとなく今日はゆったりした展開だろうと勝手に思って、ゆるりとした気持ちで見始めました。 なんと! 今週も凄まじい展開! しかも、夢なのか現実なのかわからないし、えぇ!龍雲丸までいなくなって…

◆最期の一手。

おんな城主直虎の第33回は私が想像していたものより、数倍、破壊力がありました。 序盤、政次が無事に城を抜けだし、隠し里でなつさんといちゃいちゃするシーンさえもあって、意外に平和なんだと思っていたのに、そこからがとんでもなくて。 あのままでは井…

◆きょうのにゃんけい。

NHKが配信してくるにゃんけい様の動画が結構かわいくて、ついついみてしまう。 上野のパンダの体重測定がかわいくて、ついついみてしまう。 ……疲れてるのかな…、わたし。

◆史実がつらすぎ。

今週もおんな城主直虎は、かなりのフラグ展開。 もうこの回のすべてが政次の死亡フラグだらけでつらくてたまらない。これが最後の2人での囲碁なのかとか、直虎に最高の褒め言葉を送ってくれたこととか、なつさんへのプロポーズとか、井伊家と小野家は二つで…

◆地獄には俺がいく。

おんな城主直虎はいつもツイッターをしながらみていたりするんですが、今週はできなかった。 あまりに重たい内容すぎて、なにもつぶやくことができなかった。『守りたいものを守る』ために地獄にもいこうと思い、手を血に染めた政次。 そして、その政次の思…

◆夏休み前。

ハンガリーGP ハンガリーGPはフィンランド人ドライバー、ライコネンやボッタスの応援が多くていいですね。それに、フェラーリファンも多い感じ。 そんな中でフェラーリの1-2フィニッシュで、予選も決勝も終わったのですが、その結果とは裏腹にハラハラする…

◆あるいは裏切りという名の鶴。

昨日、帰ってきました。 今日は疲れたので、定時退社。少し片付けたり、ぐっすり眠ったりしたかったの。 でも、昨日、帰ってきてどうしてもしたかったのは、「おんな城主直虎」を見ること! 今回見ないとどうするの!って感じのサブタイトルだったので、これ…

◆逃げるは恥だが役に立つ。

最終回まで再放送で一気見しました。一気に見たため、気になるラストでもすぐに次の話が見られるので、引っ張られることもなく、サクサクとみてしまった。 だからといってはなんなのですが、むずきゅん体験はできませんでした。たぶん、むずっとするのって、…

◆闇落ちか演技か。

大河ドラマ「おんな城主直虎」は楽しんでみています。なんといっても政次のブラックなのか、直虎好きすぎなのかというところをしっかりチェックしたりして、それ以外にもどうやって、ブラックな今川から逃げおおせるのかとか、楽しみはいっぱい。 視聴率あん…

◆あまりにかわいすぎた。

世界から猫が消えたなら DVD 通常版出版社/メーカー: 東宝発売日: 2016/11/16メディア: DVDこの商品を含むブログ (4件) を見る 先週末に久しぶりに映画を5本借りて、一気に見た。ちょこちょこと感想を書いていこうと思う。 5本目に借りて一番期待していな…

◆女城主直虎 第4話。

いよいよ、柴咲コウさん登場。歌うようにお経を唱える華やかな次郎法師は、まさに竜宮小僧。そして、あっという間に亀之丞が帰ってきてしまいました。 ちょっとした胸キュン展開なのですが、相手は次郎法師…。尼を口説く、爽やか系男子って、どんな構図なん…

◆大河ドラマ 直虎 第2話。

今回も子役さんたち大活躍。でも、1話に比べるとインパクトがなくなってしまったので、第3話あたりでもうちょっと惹きつけないと辛いかなぁと思ってきました。つまり、第2話は平凡だったってことです。 山場がなくて、おとわが突っ走っては周りの大人に迷…