読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆今年のF1

F1

 バルセロナテストの結果とか、いろいろ考えて、今年はフェラーリベッテルを応援することに決めました。なぜか、レッドブルを応援する気持ちになれなくて、メルセデスは好きだけど、ハミルトンとボッタスを応援する気持ちになれないから、素直に考えた結果がベッテルということになりました。
 昨年のベッテルは無線でイライラして少しもいいところがなかったけど、今年は改善してくれるはずと思っています。今年もあんな無線だったら、応援するのをやめるかもしれないなぁ。
 マシンはカラーリングも含めてトロロッソが好き。あのマシンが速いなら応援したい!
 今年は開幕戦からかなりの様子見路線。ホンダがダメダメ確定なのが悲しいところ。

◆行き先がほぼ決定。

旅行・おでかけ

 ゴールデンウィークのおでかけ先が、ほぼほぼ決定。今年も中国ということになりそうです。なんとかチケットがとれればということになりそうなんですが。
 この航空機のチケットも私が手配するわけではないため、今回も人任せな旅になってしまって、本当に申し訳ない。
 どうしよう、なにか私ができることってあるのかなぁ。とにかく面白そうなことを調べて、やりたいこと見つけるくらいしかなさそうだから、それをがんばることにする。

◆神木くん祭り。

雑談

 映画「三月のライオン」の公開にあわせて、神木隆之介さんがテレビにたくさん出演されていて、うれしい限り。こう毎日出演されていると、お仕事が忙しそうで大丈夫かなと思うくらいです。
 あさいちのトークはいまいち盛り上がらなかった部分もありますが、とにかく、いちいち反応がかわいいです。深々としたおじぎも、受け答えも一生懸命さがでていて、いいなぁと思います。あれだけ芸歴が長いのに、腰が低いってすごすぎだよね。
 神木さんとジャニーズとの組み合わせが多くて、ちょっとびっくりだな。でも、KinKiのお二人との組み合わせはないよね? どんな感じなんだろう、ブンブブーンとかに出演してくださらないかなぁ。

◆GW脱出計画。

旅行・おでかけ

 今年のGWも日本を脱出してみようと計画中。お友達と相談しながら、行き先画策中。
 私はベトナムに行ってみたかったのだけど、お友達が行ったことあるということだったので、今年も中国か台湾で調整中。台湾について調べてみたことなかったから、どんなところがあるのか調べてみたり。
 絶景や古い建物が好きな私と、建物に興味ないお友達、どこにいくのか折り合いつけるのがちょっと難しめ(笑) それも旅の楽しさではあるけどね。

◆iphoneを買ってから2年、放置し続けたら。

ツムツム・ピグ・ポケGO

 ツムツムをやろうと思ったら、全く入れなくなって、なぜだろう??と原因を調べてみたところ、ケイタイのストレージの空きがかなり少ないことに気が付いた。 そうだ、買ってからいままで一度もキャッシュをクリアすることなく、使い続けてしまったのだ。これでは、容量がパンパンになっていても仕方ない。
 なにが容量を食っているのだろうと思ってみてみると、LINEとヤフーが恐ろしい勢いだった。
 面倒だけど、ヤフーはキャッシュをクリアするより、アプリを消して改めて入れた方が早いかと思って、入れなおし。LINEはキャッシュをクリアした。これだけでかなり容量を取り戻すことができた。
 これで、ツムツムに入ることができるだろうと思ったのだが、意外にも入れなかった。どうしちゃったんだ?? これはツムツム禁止のお達しなのか?!
 とりあえず、再インストールしてみる。

◆先生に教えていただくことにした。

handmade

 ハーダンガー刺繍を始めて9年目。1年に1作しか作らないようなペースでしか刺していないから、そんなに上手くなるはずもないが、それでもコツコツやるのが好きで続けてきた刺繍だから、もうちょっとうまくなりたいなと思い始めた。
 今回、意を決して先生にならうことにした。近くに先生がいないから、電車で2時間近くかかるけど、その分しっかりと学んできたい。教えていただくように、サンプルを作成中。サンプル作成に時間がかかるから、教えていただく日を1週間遅くしたくらい。いろいろわからないところをまとめておこうっと。

◆あまりにかわいすぎた。

ドラマ・映画

 先週末に久しぶりに映画を5本借りて、一気に見た。ちょこちょこと感想を書いていこうと思う。
 5本目に借りて一番期待していなかったけど、結局やっぱりいい感じだったので、泣いてしまった作品。
 宮崎あおいさんがとにかくかわいくて、もういったい実年齢が何歳なのかわからなくなるくらい、大学生だった。アルゼンチンを旅しているときに、仲良くなった人と別れるシーンがあって、そのあとであおいさんが振り返るんだけど、その振り返る一瞬が、ものすっごくかわいくて、それに見とれていると、そのあとの展開の悲しさが増すという。たぶん、そういう演出だと思うけど、それくらいかわいくて。そのあとの滝のシーンは、もう完全に主人公を食ってしまうほどの演技。あおいさん、すごすぎ。
 佐藤健さんも2人の演じ分けがしっかりされていたので、ストーリーとしてちゃんと入っていけました。なんといってもお母さんとお父さんだけどね、泣かされたのは。涙で手が震えて、ピンボケするって、泣かずに見られるはずがない。
 原作の本を読んでいたけれど、内容をすっかり忘れていて、映画としてしっかり楽しみました。